ご挨拶

mstdn.maud.io Advent Calendar 2018、6日の記事を書かせていただきます。
5日の記事はぴけぴけさんでした。
さて、初めましての人も、そうでない人も、Yoheiづほと申します。Mastodonでは自鯖で主に活動していますが、:don:にもたまによく出没しています。若干いろいろやってる生徒です。よろしくお願いします。
アドカレに向けて即席で建てたGRAVで、しかも使い慣れないMarkdownを頑張っていじくりまわしたのでガタガタですがご理解いただければと思います。

本題

今回、お話しさせていただくのはOSC東京2018秋で配布されたmstdn.maud.ioユーザー会のチラシをつくらっせていただいた話です。 文章を作るのは苦手なので読みにくい生地化と思いますがよろしくお願いします。

チラシって何?


これです。私がデザインさせてもらいました。初めてのチラシのデザインだったのでたくさんの人に助けていただきました。ありがとうございます。

きっかけ

きっかけは私のこのトゥートです。



この二つのトゥートが私がたくさんの人を巻き込んでチラシを作らせてもらうきっかけとなりました。 たくさんの人に助けていただきました。本当にありがとうございます。

チラシ製作編

ここからは製作編・印刷編に分けて書いていきます。

初案




最初は1枚片面印刷で進めていました。詰め込む情報としては

  • :don:というのは何か
  • Mastodonとは何か
  • 藍川茜ちゃんについて

で進めました。カラーリングは、/aboutページのイメージ的にMastodon要素多めがいいかなと思い、Joinmastodonのマストドンのカラースキームを使わせてもらいました。 ツールというツールを持っていないので、某有名会社のプレゼンソフトを使って製作しました。これが後の厄介ごとになるとは知らずに…

第二案



思考停止

第三案


詰め込む情報を詰め込むためには片面ではきついと感じ、 表面:大体の概要 裏面:詳しく という形で進めることにしました。また、レイアウトもMastodonの/aboutページのような角丸のデザインに変更しました。フォントはUDデジタル教科書体です。このフォントを採用した理由としては、個人的に読みやすいというものでしたが、一般的に受け入れられなかったみたいです。 表面中身としては「:don:ってなに?」は:don:の/about/moreページと「Mastodonとは?」はJoinmastodonMastodon日本語wikiを参考にして書かせてもらいました。



裏面については 上段::don:について詳しく 下段:Mastodonについて詳しく という方向で進めることにしました。

上段「:don:について」

  • 独自機能
  • サーバー情報
  • 主な話題
  • 藍川茜ちゃんについて

    の四段構成でした。この四段は/about/moreに書いてある項目を一通り突っ込んだもので、変化する可能性も高い、不安定なものでした。 そんなこんなで友達と日帰り旅行旅をしていた時、

    :don:のスペックが拡張されたのでした。 サーバー情報など、変わりやすい情報だということを教えていただき、結局のところ「:don:について」で書く項目は

  • 主な話題
  • 藍川茜ちゃんについて
  • :don:のカスタム絵文字
  • 登録リンク
  • ソースコード

と、なりました。

下段「Mastodonの概要」


配布する先がOSCということで、:don:以前にMastodonについての説明も必要不可欠です。ほかのイベントよりは理解してる人が多いって? 特にここでは島田さんをはじめとして、たくさんの方からお助けいただきました。ありがとうございました。 下段についてはJoinmastodonMastodon日本語wikiに追加して、:don:の投稿欄下のお知らせにもリンクが貼ってあるライクロフトさんのmastodon入門2018秋版のリンクも張らせていただきました。

第四案

第三案を結構まとめて、第四案が仕上がりました。

第三案を何人かに持って行ってもらい、赤入れほとんど黄色かったをしていただいたものを少しずつ直して第四案が出来上がりました。
こんな感じでたくさんの赤入れをいただいた これを公開して鯖民の方から意見を伺いました。「反転QRはよくないよ」「文章おかしいよ」等の意見を取り入れて第五案が仕上がりました。

第五案



こうして第五案が仕上がりました。ほとんど完成ですね。 この案でカスタム絵文字はじめ各イメージの使用許可を取りに回りました。快く許諾してくださった皆様、大変にありがとうございました。 この辺でフォントの統一とレイアウト配置バランスの統一を行いました。フォントは源真ゴシックを最終的に使わせて頂くことにしました。

レイアウトの統一

パワーポイントは配置のガイドが出るものの、微妙にずれてしまったり、どこに合わせているのかわからなくなってしまうので、頭の悪い私は、自己流で配置揃えを試みました。

同じと大きさの図形を各場所に置いて位置を合わせるというなんとも原始的なものです。これ以外にいい配置の揃え方があれば教えてください。

と、そんなこんなで

たくさんの人から応援・アドバイスいただき、完成にもっていくことができました。

印刷編

ここからが大変でした。(というよりも私の経験のなさで迷惑をかけてしまいました。) 印刷は島田さんが行ってくださいました。印刷についての詳しいことは私がお話を聞きに行くのが間に合わなかったので今後のLTなどの機会でできたらなと思います。

パワポはCMYK出力ができない

当たり前といえば当たり前です。プレゼンツールなのですから。でも、私にはこのことが頭にありませんでした。 なんとまあ難しいことでしょう色問題。
色味が若干落ちてしまった 左がCMYK、右が元のRGBです。 少し色は想定よりも落ちてしまいましたが、島田さんはじめとするたくさんの人からからたくさんのアドバイスを受け、印刷会社の変換ソフトで変換すればある程度何とかなるという結果で落ち着きました。 一回目の変換でなんかSVG画像の変換で線がガーってなってすごいことになりましたが二回目からはなんもなかったのでなんやったんやろか…
なんかすごいことになった とまあ、こんな感じのことありましたが、印刷までこぎつけることができました。と思っていた時期が私にもありました

大きさ問題

まだまだ問題はありました。 変換ソフトが何かエラーを吐き出しました。

サイズが合っていません


これも私のミスといえばミスですが、A4のサイズ設定を間違えており、若干横のスペースが広くなってしまいました。パワポのサイズ設定を改めて確認してみると
どうやらパワポのサイズでA4を選ぶだけでは210x297にならないらしく(!?)

このように設定しないとだめだったようです。


とまあそんなこんなでなんとか問題を乗り切り、印刷していただきました!OSCに間に合ったのが何よりもよかったです。
下のほうに私のクレジットも入れさせてもらいました。

終わりに

最後にパワポで印刷物を作るときに個人的に気を付けたほうがいいなと思ったことをまとめます。

  1. RGBで出力されることをあらかじめ把握しておく
  2. サイズはよく確認する
  3. 配置ずれには気を付ける

みたいな感じでしょうか。 初めてリアルにDTP関連に携わることできるこのような機会をいただき、ありがとうございました。 少しでもお世話になったコミュニティに貢献できていたら光栄です。 皆様よいお年を!